2006年07月26日

2006.07.25 T-BOND

7月26日、4時5分起床。
 
昨日は、終値107-16で、前日比-0-07と非常に静かな展開になった。従って、増し玉、新規のチャンスはなく、ポジションに変化はない。8月8日の次回FOMCまでこんな展開が続くのだろうか?
IVは、6.9%と記録的な低水準にある。これは、IVはもう3年以上下落トレンドが続いているので、どうこういっても始まらないが、オプションの売り戦略をやっているものとしては、やはり気になる。ただし、T-BONDの場合、歴史的に見て、仮にIVに急激な上昇が起こっても、個別株オプションやS&P500のような株価指数オプションのように、狂ったようなIVとはならないのでは!?と思っている。もっとも、マーケットの動向も含めて、最近の世の中で起こっていることは、全て、前例がないことが多いのでなんともいえないが・・・・・。


 

 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            



posted by ひろ at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

トレード実績ファイルのアップデート

ポジション推移、場帖、玉帖、値板、ストップロスのファイルをアップデートしました。今日から、場帖には、IVを付け加えました。IVについては、ATM(At the money)におけるPUTとCALLの平均IVを付け加えました。(これでいいのかな?誰か教えてください。)IVのデータソースはOptionvue5です(正直言ってまだ使いこなせていません 笑)。
 
デルタについては、金先物オプションで、デルタニュートラルにこだわって大失敗したので、デルタには、今のところあまりこだわらないようにしています(NOPSの意味参照)。どれくらい、デルタが傾いているのか、参考程度に気にするくらいにしています。

 
 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            



 
 
 
 

posted by ひろ at 12:54| Comment(1) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006.07.24 T-BOND

7月25日、4時40分起床。


昨晩は、寝る前の段階で、一時107-31まで上昇、108を望む展開となるかと思った。この上昇段階で109 C SHORT @0-23(増し玉)で指値を入れて、寝た。108をブレークするかどうか気になり、3時半ころ(終了の30分前)起きて、チェックすると、指値注文は約定済み、相場の方は、107-31をつけた後、下げて、前日終値(107-23)近くの水準まで下がっていたので、安心してもう一度寝た(笑)。結局終値は、前日と同値の107-23だった。これで、109Cは、

 

7/19 2枚 @0-18
7/19 3枚  @0-20
7/24 5枚 @0-23


と合計10枚、平均値が増し玉毎に上がり、一応形のいい玉の構成になった。後は、想定レンジ内で推移してくれて、時間価値がドンドン剥げてくれればいいのだが、そう簡単には、勝たしてくれないだろうな〜〜!?もちろん、昨日建てた109Cについても、STOP LOSS(@0-47)に入れてある。いつものルール(=プレミアムの2倍を超えたら損切り)を担保するためである。
 

 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            

 
posted by ひろ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

今週の方針

7月24日、4時半起床。
 
先週末は、短期的上昇トレンドの中、108のレジスタンスレベルに何度か挑む局面があったが、結局弾き返され、先週終値は107-23と、なんとも悩ましい水準で引けた。ここから、もう一度、レジスタンスレベルに行くのか、あるいは、105のサポートに向けて、反転下降局面に移るのか、なんともいえない。しかし、いつも書いているように、動きを予想することは、NOPS戦略にとって重要ではない。
 
現時点でのMaintenance Marginは、$15,000で、口座資金全体の15%レベルであるから、個人で決めた「使用証拠金は資金の30%まで」というルールの水準にはまだ余裕がある。従って、玉の厚みを増していくつもりだが、あくまで慎重に少数枚数づつ仕掛けるつもりだ。
 
今週中に残存日数は30日を切るので、時間価値の減少は一段と早くなるであろうから、売値の平均値を無理に上げることに固執するのは難しいかもしれないが、想定レンジ105-108にとどまっている限り、できるだけ平均値を有利にできるような建て玉をしたい。すなわち、レンジ内で下に触れたときには、PUTの増し玉、上に触れたときには、CALLの増し玉である(逆張り)。いずれも、STOP
LOSSを同時に入れて、2−3枚づつ丁寧に仕掛けたいと思う。
 
もし、105-108の想定レンジが破られれば、PUT(105以下の場合)またはCALL(108以上の場合)のどちらかを全部切って、どちらか一方のみ増し玉する。
 
もう一つ注意をしなければならない点は、IV (Implied Voatility)のレベルが7%を切っており、ここ数年来の最低レベルにあることから、売り戦略であるNOPSにとっては、十分な警戒が必要である。従って、全てのオーダーにSTOPをかけることを忘れないようにする。もっとも、IVが最低水準でなくても、STOPはかけるつもりだが。
 

 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            


 

posted by ひろ at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

急ぎすぎ、下手すぎ・・・・・

7月22日、3時20分起床、また寝て、6時50分起床(笑)。


数年前、まだ海外赴任をしている時に、はじめてゴルフを習い始めた。日本と違って、向こうは、個人レッスンのみで、日本のようなゴルフスクール方式ではないので、一人一人丁寧に教えてもらえた。

 
習い始めたころ、しきりに注意されたのが、「もっとゆっくりスイングしなさい!」ということだった。自分では急いでいるつもりはないのだが、すごく急いでスイングするらしい。それを直すのに結構苦労した。自分では、「え〜〜っ??こんなにゆっくりでいいの?」というくらいで丁度いいといわれた。
子供のころ習ったピアノでもそうだった。下手なうちは、早く弾ければうまいかのように、急いで弾くが、うまい人は、優雅にゆっくり弾く。実は、ゆっくりと弾くほうが難しいのである。
 
さて、「トレード実績」のところで、場帖、玉帖、値板等を公開しているが、今日、値板にポジションの右横に売値を書きながら、気づいたことがある。
 

「もっと、ゆっくり売買したほうがいいかも!」と
「下手すぎるかも・・・」

 
ということ。前者は、各ポジションと日付を見ると実にあわただしくポジションを増やしているのがわかる。例えば、
 

7/19 109C 2- @0-18
7/19 109C 3- @0-20

 
これは同日にポジションを建てているし。
 

7/17 105P 2- @0-16 <=====ココ
7/18 105P 3- @0-16 <=====ココ
7/18 105P 5- @0-21

 
これは連日で、しかも最初の2枚と2番目の3枚は売値が一緒である。分割している意味がない。分割するのであれば、売値の平均値を上げなければ、意味がない。
 
104Pにおいても、最初の10枚は、分割売買をしようと決める前だったので、しょうがないとして、その後の2,3,4番目の建て玉はやはり、急ぎすぎの、下手すぎである。すなわち、105P同様に、連日急いで売って、しかも平均値は上がっていない(2番目と3番目)。
 

7/12 104P 10- @0-12
7/17 104P  2- @0-08 <=====ココ
7/18 104P  3- @0-08 <=====ココ
7/18 104P  5- @0-11

 
オプションの場合は、時間価値の減少という要因があるので、あまりゆっくりしすぎると、売値の平均値を上げる機会を失う危険はあるが、それでも、上記の建て玉は、急ぎすぎである。来週は、「ゆっくり建て玉」を課題にやってみようと思う。
 
昨晩、ポジションの変更はありません。
 
 
 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            


 

posted by ひろ at 07:07| Comment(2) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

ファイルアップデートのお知らせ

トレード実績コーナーのポジションの推移、場帖、玉帖、値板、ストップロスのファイルをアップデートしました。昨晩のトレード実績まで反映させています。
 
 
 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            

posted by ひろ at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006.07.20 T-BOND

7月21日、3時50分起床。
 
昨晩のT-BOND(9月限)は前日に続いて上昇、107-29で終わった。レジスタンスレベル108を望む展開となっているので、今週の最終取引日=今晩、108を超えるような展開になれば、105-108の想定範囲が破られることになるので、方針展開が必要になるかもしれない。
 
バーナンキも、インフレ懸念と景気減速の間で揺れ動いているようだが、こちらは、そんな材料に惑わされることなく、淡々と相場についていくだけである。そこで、昨晩のポジション変更は、以下の通り。
 

110C X 2 SHORT @0-12
106P X 2 SHORT @0-18

 
上昇が続いていたので、106Pを新規で2枚だけ建ててみた。また、110Cは2枚の増し玉である。前に、「分割売買」について書いたように、以前、110Cはドカンと一発で10枚建ててしまったのだが、今後は、まずは、2枚たててみて、その後の相場の動きについていく形で、増し玉を行うか、あるいは、すばやく損切りを行う。
 
 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            

posted by ひろ at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

トレード記録アップデート

トレード記録をアップデートしました。「場帖」と「ポジションの推移」は分けて記載。玉帖、値板は従来どおりです。新規に付け加えたものは、ストップロスとリスク(最大可能損失)の状況です。左上の「トレード実績」のコーナーでそれぞれのリンクをクリックしてご覧ください。
 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            

posted by ひろ at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006.07.19 T-BOND

7月20日、4時9分起床。
 
Seesaaのメンテナンスがあったようで、いつも読んでいただいている皆さんには、ご迷惑おかけしました。
 
さて、昨晩のトレードですが、寝る前に市場の様子を見た時点では、前日の終値より更に下げの基調だったので、104P, 105Pの方は、様子見で放置。109Cに分割で指値(0-16で2枚, 0-2で3枚0)を入れて寝ました。結果は、
 

109 C X 2 SHORT @0-18
109 C X 3 SHORT  @0-20

 
のとおり約定しました。寝た後、大きく戻して結果的には、107-19まで上げたようです。後ほど、トレード記録(場帖、玉帖、値板等)はアップデートして再度アップします。
 
 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            

posted by ひろ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

昨晩のトレード

昨晩は、6月度米国PPI発表の影響からか、USU06は107の水準を割り込み、終値106-27となった。繰り返しになるが、今回のトレードでの想定範囲は、105-108なので、まだ想定内の動きということになる。ポジションデルタは、+363と大幅に傾いているが、「NOPSの意味」で述べたように、「短期的には108のレジスタンスレベルに向かって上昇トレンドである。」という仮説にもとづいて建て玉しているので、昨晩は、
 

104P X 3 SHORT
104P X 5 SHORT

105P X 3 SHORT
105P X 5 SHORT


いずれも、分割で売値の平均値を上げるよう増し玉を行った(場帖参照)。今晩、さらに下げが続くようであるならば、110Cの増し玉、又は、109Cの新規売りを行う予定。
 

 


 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            

posted by ひろ at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

値板

現時点での保有ポジションを明確にするため、値板をアップしましたので、こちらも参考にしてください。
 
 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            

posted by ひろ at 13:44| Comment(2) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006.07.19 T-BOND

7月分から、玉帖を公開しますので、ご参照ください。

 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            

posted by ひろ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

分割売買

7月18日、4時50分起床
 
先日来、引き続き立花氏の「あなたも株のプロになれる」を読んでいる。この本には、立花氏が実際に行った売買譜が載っており、非常に参考になる。建て玉のやり方が実に丁寧なのだ。3万株(30)、4万株(40)と建て玉する場合でも、必ず、2−3−5等、最初の試し玉から、増し玉、つなぎ等を丁寧に丁寧に行い、相当の時間をかけて本玉を作っている。まさに職人技である。それは、当てもの売買の対極にある、相場の波に乗るということを体現している。株式とオプションの違いはあるにせよ、この芸術的な建て玉のやり方には、大いに学ぶところがあると考え、自分でも分割による建て玉を実際に行うことにした。
 
今日アップした場帖をご覧いただければわかるとおり、昨日は、
 

104P X2 SHORT
105P X2 SHORT

 

の建て玉を行った。今までは、ドカンを一気に10枚づつ建て玉していたのを、立花氏のマネをして、2枚の試し玉からやってみようという趣旨である。最初は猿真似だが、実際にやっているうちに何かつかめるかもしれないと期待している。


 

 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            


 

posted by ひろ at 18:57| Comment(1) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006.07.17 T-BOND

本日から場帖をアップします。玉の動きも併記してありますので、参照してください。
 
 
 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            


 

続きを読む
posted by ひろ at 18:19| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

乗せのタイミング

7月14日、4時20分起床
 
昨晩は悪化する中東情勢の影響を受けダウが大幅下落(-166)となったようだ。保有するLeapsのPUT売りも含み損が大幅に増えている。姿の悪い「ダンゴの玉」に限って、下げの影響が厳しくでている。やはり、分割買いで丁寧に、そして、LEAPS PUT 売りでは特に、銘柄への建て玉数を制限して分散しなければならない。株式の場合は、ダウの大幅下落などのマクロ要因の他、個別要因でも不測事象が起こる場合があるからである。
 
それより、いくら長期で玉操作を頻繁に行わないとはいえ、多数の銘柄を手がけるのは、どうも集中できない。言葉でうまく説明できないのだが、気が散るというか、とにかく、心地よく集中できないのである。NOPS戦略にのみ集中すべきかもしれない。
 
さて、本題のT-BOND NOPS 戦略であるが、昨日はポジションに変更なしである。引き続きゆっくりした上昇を続けており、レジスタンスレベル(108)を伺う展開になってきた。そこで、PUTに売り乗せをしたいのだが、このタイミングがまたわからない。昨日は、サイズがわからないという話を書いたので、結局、サイズもタイミングもわからないということになる(笑)。頭で考えてわからないときには、「命綱」をつけて取り合えずやってみることにする。「命綱」は、証拠金の使用率で、預け金総額の30%である。この範囲で、如何にうまく建て玉していくかを、実戦の中で探っていこうと思う。
短期的には、上昇トレンドにあるのだから、分割しながら、PUTの売り乗せである。
 
 
以下、先物の世界 相場喜怒哀楽 (鏑木繁著)より引用
 

・一個人として、70億円を相場で儲けた88歳の相場達人に秘伝を聞くと「相場は張り方だけで、用は相場についていくだけ」ということであった。
・「難平はいけません。乗せは必要です。」


 

相場についていくだけ・・・・まさにNOPSの真髄と同じではないか!
 
 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            


 


 

posted by ひろ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

2006.07.12 T-BOND

昨晩は、104Pの売り注文が通りました。トータルポジションについては、玉帳を参照してください。
 

 


 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            


 

posted by ひろ at 08:17| Comment(2) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

NOPSの意味

7月12日、4時起床。
 
NOPSとは、Neutral Option Positioning Strategy の略である。今まで、私はこれをデルタニュートラル戦略と同一のものと理解していたが、どうも違うようである。NOPSでいうニュートラルというのが、市場変動を予測するのではなく、「市場についていく」という意味でのニュートラルという意味らしい。この点において、デルタをゼロに持っていき、価格の動きに影響されないポジションを作るという意味のデルタニュートラル戦略でのニュートラルとは違うのである。
 
従って、市場が上昇トレンドを形成している最中であればPUT売りが中心になり、ポジションデルタは、プラスに傾くし、市場が下降トレンドを形成するのであれば、CALL売りが中心となり、ポジションデルタは、マイナスに傾くという点において、常にデルタをゼロに近づけること目標にポジション調整をするデルタニュートラル戦略とは違うのである。
 
今まで、とにかくデルタをゼロ近くにしていかなければならないという誤解があったので、例えば今現在のT-BONDでは、短期的な上昇トレンドがあり、CALL売りには心理的な抵抗感があるにもかかわらず、PUT売りによりプラスに傾くデルタを減少させるためにCALLを売らなければならないと考えていた。今回、オプション倶楽部のニュースレターでNOPSでいうニュートラルの「真の意味」が理解できたので、心理的にやりやすくなった気がする。
 
さて、ポジションの方は、昨日も指値が通らず、110C X 10 SHORT のポジションだけである。昨日も先物価格(9月限 USU06)の上昇が続き、PUTのプレミアムが指値(前日のCLOSE)よりどんどん下がったため、オーダーが通らなかったようである。
 
昨日の終値は、107−06と引き続き上昇が続いている。先週水曜日に105−24でサポートレベルから反発して以来、一貫して上昇を続けている。従って、当面の関心事は、108付近のレジスタンスを超えるか否かである。
 
今晩の狙いは、104P売りである。103Pはプレミアムが相当はげてしまっているので、手数料を考えるとうまみがないし、105Pは、105がサポートレベルであることを考えると、先週から、短期的な上昇トレンドにあるとはいえ、売りにくい。従って、104Pの売りに指値を入れようと思う。

 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            


 

posted by ひろ at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

訪問者1000人突破しました。


先月中旬にこのブログを立ち上げてから約一ヶ月が経ち、今朝、ついに訪問者カウンターが1000人を超えました。また、ランキングの順位も少しずつ上がっています。このようなつたないブログに訪問していただきありがとうございます。多くの皆さんに見ていただけるのが何よりの励みです。これからも応援よろしくお願いいたします。
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            


 


 

posted by ひろ at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイミング

7月11日、3時45分起床。
 
シカゴで取引されているT−BONDオプションの取引時間は、日本時間の21:20−4:00(現地時間7:20−14:00)である。そこで、どのタイミングでオーダーを出せばいいのか悩む。
 
一般に、寄り付きは、アマチュアによるオピニオンが反映されていて、引け値はプロの行動を反映する傾向があるといわれている。アマチュアの行動パターンとして、朝刊で前日に起こったことを確認した後、仕事に出かける前に注文をする、従って、一日の始まりや週の始まりに活発にトレードをする傾向がある。一方、プロは1日中マーケットの動向を観察し、その動きに反応し、引け際に活発にトレードする。プロの多くはポジションを翌日に持ち越すことを避けて、1日の最後で利喰うことが多いからである。
 
ある研究によると、寄付きがその日の高値又は安値近辺に位置する頻度がきわめて高いらしい。これはアマチュアのオーダーによりある意味、特異点が形成された後、プロによって適正な均衡点に修正されていくとも解釈される。
 
今まで、寝る前に指値を入れて、夜中に目が覚めたときか、または、起き抜けに確認していたのだが、昨日は、寝る前にオーダーは入れずに、今朝いつもより早起きをして、指値を入れたのだが、取引終了時間の10分前で少し遅すぎたのか、時間切れExpireしてしまった。従って、ポジションは相変わらず片肺飛行(110C X 10 SHORT)のままである。


 

 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            


 

 
posted by ひろ at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

今週の方針

7月10日、4時半起床。
 
先週は、109Cが早々にストップ水準にかかってしまい、思わずあわてて、102Pまで切ってしまうという余計なことをしてしまった。現在、110Cのみの片肺飛行となっているので、今週は、102Pと103Pを新たに建てて、NOPSの形に持っていきたい。想定レンジ105−108はまだ破られていないので、今週は先週の失敗をいかして、慎重に玉調整を行いたいと思う。
今週とるべきポジション
 

110C X 10 SHORT
103P X 10 SHORT
102P X 10 SHORT

 

先週の終値ベースで上記のポジションデルタは5.15とほぼニュートラルになる。

 
 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            


 

posted by ひろ at 08:52| Comment(0) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。