2006年08月24日

2006.08.23 T-BOND

8月24日、4時半起床。
 
昨日もきわめて静かな展開。108P @0-09で5枚の増し玉をした。9月限は残存日数が2日となり、今週権利(義務)消滅で利益確定の予定である。
 
ボラティリティ(IV)が非常に低い点だが、2003年8月にピークをつけてから、3年以上一貫して下げ続けている。この傾向はT-Bondばかりではなく、株式においても同様の傾向が見られいることから、「ボラティリティは死んだ」など、さまざまな議論がされているが、真相はわからない。いずれにしても、周期的な変動の中での低水準ではないため、いつ上昇に転じるか全く読めない。今のような低水準のIVが周期的な動きの中で起こっているのなら、絶好の買いチャンスとの判断も合理性をもつが、3年以上続いている一貫した下降トレンドのなかでの更なる低水準となると、売りポジションが心地よくないことも事実だが、かといって一気に買いに転じる気にはならない。
 
昔のことは良くわからないが、Optionvue5で見られる2000年以降のIVをみると、2003年8月が最高で14.8%、最低が現在で6.2%だから、ここ6年間のレンジは、6−15%の範囲内である。S&Pの10−40%と比べるとレンジは狭い。株式指数等よりは、IVの急上昇による被害は少ないのかもしれない。今後、株式や株価指数でトレードを行うことが出てくるかもしれないが、NOPS=Nakedの売りはやらないと思う。Iron Condorやクレジットスプレッド等、損失限定のポジションでなければ、IVが10倍レベルにまでなるような市場ではとても怖くてトレードできないだろう。
 
 

 

人気ブログランキングに挑戦しています。もし、記事に少しでもご興味をいただけましたら、クリックしていただけるとうれしいです。暖かいご協力に心より感謝いたします。

            


 

posted by ひろ at 08:12| Comment(1) | TrackBack(0) | トレード日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お返事ありがとうございました。
ある程度人数が集まるといいんですが・・・。

optionq
Posted by optionq at 2006年08月24日 11:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22736259
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。